借金に困っている人を守る債務整理~不安な日々からの脱却~

借金の返済ができないために、借金の返済と生活を維持するために、借金を膨らませてしまう生活を続けてしまっている。
こうのような状況に置かれてしまっている人も多いのです。

TOP > 遺言書作成 > 作成すべきか遺言書作成

作成すべきか遺言書作成

これまでは多くの人が遺言書作成をしていませんでしたが、ライフスタイルが変わりはじめた現代において、遺言書の作成を検討する人は増えてきていることでしょう。遺言書を作成することで、相続人同士の紛争を防止できる事はもちろんのこと、内縁配偶者や相続人がいなかったり、会社経営をしている人などさまざまな場面でメリットになります。

状況によっては残された人たちの生活を大きく変えるものになりますので、自分の財産の内容を把握し、相続についてしっかりと認識しておくことが大切になるでしょう。納得できる相続ができると良いですね。

遺言書作成を決めたら

遺言書作成をそろそろ行おうと決めたら一体なにを準備すればいいのでしょうか?もし自分で作成するつもりなのでしたら特に用意するものはないのですが戸籍謄本などを見て、自分でしっかり相続人について把握しておくことが大切です。

また財産目録なども作成したおいた方が自分も把握しやすいですし、後から見た人もわかりやすいですね。遺言書そのものについては自筆でないとダメなのですが、財産目録に関してはエクセルなどを利用してもOKですのでできる限りわかりやすいことを心がけてください。後は図書館などで初歩的なルールを勉強しておけばOKです。

遺言書作成関連

遺言書作成した後に保管だけ法律事務所に依頼した場合の費用は?

遺言書作成を全て弁護士などのプロにお願いしてしまうと費用が高くなってしまいますので、できる限り費用を抑えたいのであればやはり全て自分行うことです。しかし保管だけはもしかしたら自分がいない間に盗まれてしまったり、紛失してしまう可能性がありますので保管だけをお願いするという方法があります。

こちらでしたら1年間で5000円から7000円程度で受けてもらうことができます。通常自筆遺言書の場合には開封する時に裁判所の検印が必要なのですが、法律事務所に預けておいて、そのまま開封をお願いすればその手間を省くことができます。

遺言書作成は特別なフォーマットが必要なの?

遺言書作成については何か特別なフォーマットがあったりするのでしょうか?もしあるのであればそのフォーマットを埋めていくようなスタイルの方がわかりやすいという所もあります。

しかし実は特に決められたフォーマットなどはありませんのでどういった紙でもいいですし、どういった書き方でもいいのです。一から自分で作成することの方が難しかったりしますよね?

そういった時には図書館などには最近「終活」という言葉も出てきているくらいですので関連したものがありますのでそういった本で勉強することができます。またどうしても不安な場合にはセミナーなどに出てみてもいいかもしれませんね。

いくつかの方式がある遺言書作成

財産の大小の規模に関わらず、遺言書作成する人が増えています。この遺言書に関しては、自分で全て作成する自筆証書遺言や、公証人が作成する公正証書遺言、秘密で作成する秘密証書遺言などがあります。

他にも、特別方式で作成できる遺言書などがあり、遺言書と言ってもさまざまな方法がありますので、自分にあった方法で作成するのがポイントになるでしょう。弁護士をはじめとして専門家のサポートを受けながらさまざまな場所で、遺言書の作成を教えてくださいますので、そのような場所を利用しながら自分で遺言書を作成するようにしましょう。

メニュー

借金に困っている人を守る債務整理TOP     債務整理     過払い     交通事故弁護士    交通事故慰謝料    交通事故相談    遺言書作成    弁護士    司法書士